〜🌸子育てコラムNo.1 「歩く」🌸〜

今回のテーマは「歩く」。

ねんね期からはいはい。たっちして、とことこ歩き出す。

私たちが当たり前に行なっている「歩く」。小さい頃は段階を経て、子ども達は自分で歩けるようになります。

初めの一歩。育児でも感動の一瞬ですよね💕。

その一歩をより効果的に、未来につなげていくためのお話をお伝えしまーす。

 

私たちが当たり前にやっている「歩く」という運動は、

実はこんな能力を使って行われているんです。

 

・自分の体を支えられる筋肉――体幹、下肢筋力(下半身の筋力)

・右左と交互に足を出す――リズム能力

・足を上げた時にぐらぐらしない――バランス能力

・筋肉や関節をタイミングよく動かす――連結能力(体の部位を連動して動かす力)

と、ちょっと難しい理論、説明から入りましたが、

 

一言で言うと歩くことは

「運動の基本」。

 

そして

運動ができることは

子どもにとって大事な「自己表現」であり、

「自分でできた!」を感じやすく、「自己肯定感」を育むのにとっても大事な動きなんです。

 

では、日常生活で

ねんねの時からできることは?


◉事前の声掛け

◉ボディータッチ

を行うことで「動く」ための神経回路を刺激。反射を良くします。

 

ハイハイの時からできることは?

◉正しいハイハイをする

◉たくさんハイハイができる環境を整える

 

とことこの時からできることは?

◉目線を合わせる

◉足の環境(靴下、靴、家の中での過ごし方)

 

ちょっと意識して行うだけで、子ども達の「歩く」能力は格段に上がります。

 

もっと詳しく、そして実践してみたい方は

ぜひ育ママBaby&Kidsで一緒に取り組んでみませんか。

育ママBaby&Kidsの詳細こちら

 

もっと我が子を見てほしい。もっと詳しく子育てについて学びたい方は

親子で学ぶ「育ママ教室」で💕

育ママ教室の詳細こちらから

 

おまけ・・・

私たち大人も「歩く」ことで、足の筋肉特に太ももをしっかり上げて動くことで、

「基礎代謝」がアップします。また太ももをしっかり動かすには、腕をしっかり振らないといけません。
二の腕のシェイプアップ。血流がよくなり、美肌効果も期待できます😊👍